TOP

理想と現実は違うと痛感した風俗体験談です。

降りしきる太陽をイメージするような明るい笑顔

T駅前でノーパン待ち合わせをしたのは、26才のみのりさん。同県内でOLをしているそうです。風俗といっても色々あるのですが、手軽かつ満足度が高いのはデリヘルでは無いでしょうか。小柄でありながら、出る所はキチンと出ているのですよ。これなら、と期待がズンズンと高まっていくのが自分でも分かります。そのバストサイズま嬉しいDカップ。大きすぎずの丁度良い感じです。しかも、綺麗なお椀がたなので見ていても美しい。ちょこんと桜色ま乳首がその存在をアピールしていました。降りしきる太陽をイメージするような明るい笑顔は表向き。イチャイチャと恋人のようにしていると本当にこの娘を一人占めしたくなってくると言う事はやはり・・・。こうして、プレイに突入するとただひたすらに快楽だけを追い求めているのです。お互いの身体の全てをさらけ出しての快楽はこれまでの経験を全て凌駕していました。こんな女子社員のいる会社なら是非転職してみたいと思いましたね。


埼玉でデリヘルといえばやっぱり大宮!ライバルを圧倒するバリエーション

【大都会・さいたま市大宮!もちろんデリヘルも充実】
埼玉県さいたま市は、2001年に大宮市をはじめとする3市が合併して誕生した、埼玉県の県庁所在地です。さいたま市の人口は約129万人で、日本国内でも市としては9番目という大都市。都内へと通う通勤・通学者が住むベッドタウンとしての一面もありますが、同時にさいたま市へ埼玉県の他市町村や隣県から通ってくる人も目立つという街です。それだけに、さいたま市大宮区内の大宮駅にはJRの各路線や各私鉄も乗り入れるなど乗降客が多く、埼玉県を代表するターミナル駅となっています。当然大宮駅周辺はとてもにぎやかで、大型商業施設や飲食店、そして風俗店も多い歓楽街が広がっています。旧大宮市と埼玉県の県庁所在地であった旧浦和市とは、合併されて同じさいたま市となった今でも、何かとライバル同士としてメディアに取り上げられることもありますが、歓楽街の充実ぶりでは圧倒的に旧大宮市が上回っているといえるでしょう。


【あらゆるタイプのデリヘルが存在する大宮デリヘル】
大宮駅を北口から出て、徒歩数分で到着する大宮北銀座、通称“キタギン”という歓楽街に店舗型は集中しています。さまざまなジャンルのお店がありますが、近年はやはりデリヘルことデリバリーヘルスが充実しています。大宮駅前はシティホテルやラブホテルといった施設に事欠きません。デリヘルなどを利用する環境が整っており、高級デリヘル、人妻系デリヘル、派遣アロマエステとあらゆるタイプのデリヘルをチョイスすることができます。また各店の嬢たちも、地元さいたま市の学生や人妻がいる一方、都内をはじめとする全国各地から集まってきており、実に多彩です。実は、デリヘルを利用するお客側も、地元の人もいれば都内や隣県から遠征してきたという人も多いのだとか。お店も嬢もお客もバリエーションに富んでいることこそが、大宮の特徴なのかもしれません。


SMクラブの子に恋をしてしまった。

先日使っていた風俗嬢がいたのですが、僕はその子に恋をしてしまいました。使ったのはSMクラブなのですが、とにかく可愛くて守ってあげたくなる子だったのです。Mな子だったから、僕に甘えてきて、可愛い表情をいくつも見せてくれました。あんな笑顔を見てしまったら、きっと恋愛経験が少ない男子はイチコロだと思います。僕もコロっと落ちてしまいました。もちろん風俗嬢に恋をするなんておかしいと思っています。都内の店ってこともあり、近場なので何度も通えるからこそ、きっと僕の変に期待してしまっているんでしょうね。手に入らない芸能人とかに恋をすることはありませんが、自分が実際に触れることができる女性であれば、恋に落ちてもおかしくはありません。先日使った子は、かなり積極的にプレイもしてくれたから、余計に気に入ってしまったのかもしれませんね。これは恋なのか、錯覚なのか。それはわかりませんが、今はとにかく好き過ぎて心がおかしくなりそうです。